消耗パーツの点検

タイヤの空気圧・磨耗・損傷

距離・期間・条件で消耗度合は変化します

ひび割れ・劣化しているタイヤ ひび割れ・劣化しているタイヤ

多くのタイヤはおよそ3,000~4,000kmを目安に交換が必要ですが、条件によって交換頻度は変化します。基本構成がゴムなので、経年劣化によってヒビや亀裂が入っている場合もあります。こうした場合は見た目で判断する以外にも1年くらいを経過したら交換の目安と考えて頂いた方が妥当です。走る場所によっても摩耗具合は変化します。また必要な空気圧でない場合も消耗を早めてしまう場合があるので注意しましょう。

切れてしまったタイヤ 切れてしまったタイヤ

パンクなどでダメージを受けた場合は特に注意が必要です。小さな針のようなものによるパンクであれば心配するほどではないですが、サイドカットや大きな傷を受けてしまった場合はタイヤを交換しなければなりません。また、タイヤの内側に刺さってしまった針に気づかず修理をすすめてしまうと、修理後再びパンクしてしまいます。
パンクをした個所を裏側からもしっかりと確認しましょう。

ブレーキシューの磨耗

ブレーキのセッティングの確認

ブレーキの片効き ブレーキの片効き、偏摩耗などをチェック。

両サイドから挟み込む形状のブレーキアーチは、ホイールの着脱やパーツの個体差などによって片側に偏ってしまうことがあります。気づいた時点で修正すればいいのですが、そのまま乗ってしまうとブレーキシューの偏磨耗が起こってしまいます。
常にブレーキがかかったような状態になってしまうこともあるので、ホイールの回転を損ない安全な状態ではなくなってしまいます。
ホイールを真っ直ぐ入れたうえでブレーキアーチの偏りがある場合は調整を行いましょう。

シューの減り具合をチェック

右が摩耗しすぎたブレーキシュー、左が新品 右が摩耗しすぎたブレーキシュー、左が新品

毎日の通勤通学など高頻度に自転車を使用する場合やツーリング中に雨に降られたりするとブレーキシューは一気に減ってしまいます。減ってしまうこと自体は普通のことですが、減った状態で走り続けるとレバーの引きにも影響が出てきてしまいます。
また砂利などがシューの溝に詰まったままの走行で、ホイールのリムを削ってしまうこともあります。ブレーキシューやリムのチェックと共にクリーニングも同時にやっておきましょう。

チェーンの汚れ・錆び・伸び

クリーニングと注油をしましょう

汚れているチェーン 汚れているチェーン

車体の価格帯に関わらずほぼ鉄でできているチェーンは注油が必須です。油汚れが酷くなってしまうと変速にも影響してきてしまいます。錆も酷くなってしまうと交換をするしかなくなってしまうので、定期的にクリーニングをして注油を行いましょう。
バイクプラスでは専用のオイルや洗浄剤、グッズなども取り揃えており、定期的に用品の使い方の講習会も行っています。自分で愛車のメンテナンスをしてみたい!という方はぜひぜひご参加ください。また、お店でのメンテナンスも承っていますので、作業における時間や工賃はいつでもお気軽にお問い合わせください。

チェーンの交換時期の確認

チェーンの伸びを専用工具でチェックしている様子 チェーンの伸びを専用工具でチェックしている様子

100を超える小さなリンクでつながれているチェーンは、およそ3,000~4,000kmほどでガタが大きくなるため交換が必要になります。そのまま使い続けるとギアの歯にも悪影響を及ぼすので、状態の確認が必要です。
感覚的に変速の調子で判断がつく場合もありますが、基本的には専用の工具で確認をしています。お店にお持込み頂ければチェックできるので定期点検と合わせてご利用ください。

ワイヤーの伸び・汚れ・錆び・ほつれ

新しいワイヤーでも要確認

ワイヤーがほつれている様子 ワイヤーがほつれている様子

納車後間もない新車やワイヤー交換をした後などでは“なじみ”が発生します。ワイヤーに弛みが出てしまい変速の不調が起こります。壊れてしまっているわけではないのですが、変速のタイミングがズレたりするので快適とはいえません。変速の調子がおかしいな…と感じたらメンテナンスが必要です。
また、錆びていたり、ほつれてしまっていたりするのも問題です。ほつれたワイヤーでの怪我の可能性もあるので発見した場合はなるべく早く交換しましょう。

異音

普段聞かない音がしたら・・・

ベアリングが付いているフォーク部分 ベアリングが付いているフォーク部分

走行中に『パキパキ』『ミシミシ』『コキコキ』などの音がし出したら要注意!大小問わず何かの異常が発生しているかもしれません。水の侵入による錆だったり、消耗による音だったり、パーツなどの緩みの場合もあり、そのままでは大変危険です。
自転車のフレームはおよそ中が空洞になっているので、音の発生場所と“鳴っていると思う場所”が異なる場合もあります。多くのパーツを組み合わせて、様々な負荷のかかる自転車では多かれ少なかれ発生しますが、音が鳴った時にはバイクプラスにご相談ください。パーツ交換が必要な場合もありますが、原因を特定して対応いたします。

カーボン製品について

素材の特性における注意点

つながっているものの完全に折れている状態 つながっているものの完全に折れている状態

非常に強度の高いカーボンファイバー複合材(以下カーボン)ですが、強い衝撃や無理な使用によって破損につながる可能性があります。
カーボンはいわゆる炭素繊維を層にして樹脂で固めたもので、特に破損などにおいては金属とは違った状態になります。金属は凹むなどして見た目でも状態が分かることが多いものです。一方、カーボンの場合は衝突や衝撃があった場合に曲がる、変形するなどの外観上の変化がなくともダメージが表面化せずに内部で破損が起きていることがあります。
このような状態で走行に問題はないと判断し使用を続けた場合には突然不具合が起き、転倒や大事故につながる恐れがあります。車体がダメージを受けた場合は、見た目などで判断せず、安全を考慮してただちに使用を中止し販売店へご相談ください。
またトレックでは損傷カーボンの交換プログラムの用意もあり、安全に乗って頂くための対応を行っています。定期メンテナンスなどで確認をすることもできますので不明点はいつでもご相談ください。

ページの先頭へ戻る

最新ブログ

河津桜とスタッフ大西

輪行 ブログ

2017/02/18

輪行で行く!伊豆縦断聖地巡礼ライド(前編)

2月の穏やかな日に伊豆に輪行サイクリングに出かけました。目指すは河津桜と天城峠、人気自転車漫画の聖地巡礼コースです。

埼玉の秋は、見どころいっぱい。

ロングライド ブログ

2017/02/08

河津桜の見ごろは2月!

2月に咲く河津桜がそろそろ見ごろです。淡いピンク色が、澄み切った冬の青空に広がります。川沿いの桜は3分咲きといったところでした。

OGKのヘルメットも多数展示

2017/02/07

お知らせ

自転車が楽しめる熱い2日間!埼玉サイクルエキスポ

2月25日と26日の二日間、さいたまスーパーアリーナで自転車の祭典・サイクルエキスポが開催されています!自転車の魅力を最大限に味わえる祭典となっています。入場無料になっていますので足を運んでみて下さい♪

2017/01/13

お知らせ

2017年トレックセガフレード 新チームキット発表!

2017年シーズンのトレックセガフレードのレプリカジャージが発表されました。本日より予約開始となります!予約お待ちしております。

埼玉の秋は、見どころいっぱい。

2017/01/13

サイクリング 埼玉・荒川周辺

ひたちなか海浜公園のサイクリングロードを楽しむ

茨城県の国営公園ひたちなか海浜公園内のサイクリングロードを楽しんできました。春は、ネモフィラ。夏は、ひまわり。秋は、コキア。冬も、アイスチューリップ等一年中楽しめる公園。その園内に全長11㎞のサイクリングコースがあり、公園内の色んな景色が楽しめます。

おすすめ2016年セール対象ロードバイク

関連リンク

取扱クロスバイク一覧へ

取扱クロスバイク一覧へ

当店で取り扱っているクロスバイクを特徴ごとに分類。商品画像をクリックするとさらにそのモデルの詳細情報にジャンプします。

取扱ロードバイク一覧へ

取扱ロードバイク一覧へ

当店で取り扱っているロードバイクを特徴ごとに分類。商品画像をクリックするとさらにそのモデルの詳細情報にジャンプします。

30日間満足保証

30日間満足保証

高価なお買い物は特に失敗したくないですよね? バイクプラスでは30日間満足保証などの「5つの安心」で失敗のない自転車選びをお手伝いします。

  • 別府選手ジャパンカップクリテリウム2連覇おめでとう!プロジェクトワンキャンペーン開催!
  • トレック2016年モデル処分セール開催!!
  • シクロワイアードレコメンドショップへ
  • お客様の声
  • バイクプラスさいたま大宮店の講習会スケジュールはこちらをチェック
  • スポーツ自転車用スタンド(サイクルラック)のある飲食店・カフェ

ページの先頭へ戻る