マウンテンバイクとは?

マウンテンバイクとは?

MTBは楽しい!

マウンテンバイクは、普通ならば敬遠してしまうような未舗装やダートを走破することが出来る自転車です。
自然の中を走るのは、普段では味わえない魅力がたっぷりで、まるで童心に帰ったようなワクワク感が病み付きになってしまいます。
大自然を堪能する楽しさこそ、マウンテンバイクの醍醐味と言えるでしょう。

どんな道も問題なし!

道なき道を走破する走りは爽快です!

マウンテンバイクで岩のトレイルを走破

野山を駆け回る遊びのために生まれたのがマウンテンバイク。
安定感やグリップ感のあるタイヤ、サスペンション、デスクブレーキが採用され、未舗装路や登山道などの悪路を走行するのに最適な部品が搭載されています。
マウンテンバイクの魅力はパワフルな走りにあり、テクニカルの道を走破できる感覚は普段では味わえない爽快そのもの。舗装道路とは違い、山道を走る場合は、安全に走る為の準備などをしておきましょう。
舗装路でのスピード効率こそロードバイクやクロスバイクに劣りますが、段差や凸凹道など身近なところのちょっとした悪路の走行もバッチリ楽しめます。泥だらけになることもありますが、汚れた姿は元気に遊んだ子供のような感じに見えてくるのもマウンテンバイクの良さと言えます。

泥んこ姿は楽しく走った証拠です!

泥だらけのMTBライド

山を走るといっても私有地だったり、トレッキングをしている人がいたりどこでも自由に走行できるわけではありません。
自由に思う存分マウンテンバイクを楽しむならレースやイベントはもちろん、ゲレンデダウンヒルやトレイルツアーに参加するのがオススメです。
コースとしてしっかり整備されている環境で楽しめ、またツアーに参加するとガイドの方はMTBのベテラン。ライドテクニックの習得につながり、マウンテンバイクをもっと楽しむことが出来ます。泥だらけになることもありますが、マウンテンバイクは汚れてこそ楽しくなれる自転車です。

MTBでトレイルライドを楽しもう!

MTBのかっこいい特徴

マウンテンバイクといっても種類は様々です。走り方、場所によって選ぶ車種が変わってきます。どんな特徴があるのかご紹介します。

マウンテンバイクに欠かせないサスペンション!

サスペンションは欠かせないアイテム。 走るのも困難な場所での走行にはサスペンションは無くてはならないアイテムです。

凸凹道では自転車を常に自分のコントロール下に置くために、タイヤを常に路面に接地しておかなければなりません。
荒れた路面で車体の浮き上がりを抑えるためにサスペンションが搭載されています。サスペンションはただ衝撃を吸収させるだけのものではありません。ハンドリングやブレーキ操作にも影響してくる重要なパーツの一つです!
しっかりとした、サスペンションのモデルをチョイスすることもより楽に、トレイルライドを楽しむための秘訣です。

フロントサスペンション

MTB フロントサスペンション マウンテンバイクには必ずついているもの。しっかりしたサスペンション搭載モデルを選びたい。

マウンテンバイクには必ず付いているといっていい前輪を支える部分のフロントサスペンション。
エントリーモデルとハイスペックモデルではサスペンションのグレードが変わり、マウンテンバイクの要と言えます。
ハイスペックモデルでは空気の圧力でサスペンションの沈み込む量を調整できるエアーサスペンションが採用しています。
沈み込みと戻るまでの動きがスプリングタイプに比べしなやかで、乗り心地や安定感が格段にあがるのもエアサスペンションの良さと言えます。
また、体重や走行場所に合わせて沈み込みの量を空気で調整でき、沈み込みの量だけではなく戻る時のスピードを調整できるリバウンド量も調整可能なモデルもあります。
このようにサスペンションのセッティングが細かく可能で登りや細かい段差が続く道、大きな段差がある道など状況に合わせて自由自在。本格的にマウンテンバイクを楽しむのであればより多くの機能が付いたものを選択する必要があります。

フルサスペンションモデル

マウンテンバイク フルサスペンションモデル オフロードでバイクをコントロールするには欠かせない。セッティングしだいで走りが大きく変わってきます。

マウンテンバイクにはリアにもサスペンションが搭載されているフルサスペンションモデルがあります。
フロントサスペンションのみのハードテイルは比較的アップダウンの少ない道であれば、車体の軽さを生かしてスピードに優れますが、トレイルコースの様に下りや段差、岩場が続くような道ではリアホイールが浮き上がり、路面から離れてしまってコントロールできなくなることもあります。
フルサスペンションタイプであれば、どんな状況でもリアホイールを地面にしっかりととらえてくれるので、バイクの安定性があがるため、どの道でもフルに楽しむことが出来ます。
フルサスペンションは比較的高額のモデルが多く、フロントサスペンション同様にメンテナンスが必要になりますが、どんな条件下でも走破できてしまうバイクなので、トレイルをもっと楽しみたい方にはおすすめです。

ホイールサイズは29インチか650Bか?

29er

TREKマウンテンバイク|29インチホイールのメリット もはやスタンダートになった29インチホイール。走破性・安定感は抜群!

アメリカ発の29インチMTBは今や世界中のレースシーンでも中心となりもはや定番になっています。
ホイールが大きくなる事で慣性が働きやすくなるのでスピードの乗りも良く、岩や木など段差があっても楽に乗り越えられます。
また、タイヤ自体も太く大きくなるので、グリップも向上し、また乗り心地も良くなります。
29インチホイールの一番のメリットはやはりスピード。クロスカントリーレースや街中などでスピードをとにかく重視するならば間違いなく29erをおすすめします。

27.5(650b)

MTBのホイールサイズ650Bのメリット 26インチのコントロール性をそのままに、走破性をアップした650b。今や29erに迫る人気で、各メーカーでライナップされています。

今、話題沸騰なのが新しいホイールサイズ650b。多くのレースで勝利を重ね近年トレックをはじめ多くのメーカーで採用されている650B。
26インチよりひとまわり大きいサイズで、29erには劣るものの大径化したことにより速さや走破性は向上。そして29erが苦手とする機敏さやハンドリングは650bが上回っています。バイクを操る楽しさをが欲しい方にはおすすめのホイールサイズです。

ディスクブレーキ

TREKマウンテンバイク ディスクブレーキの制動力 荒れた道でしっかりスピードをコントロールするのにディスクブレーキが最も優れます。

少ない力で強力な制動力を生むディスクブレーキなら悪路でも比較的疲れずにスピードのコントロールができるのです。だから長時間悪路を走っていてもしっかりとハンドルを握ることができ正確なハンドリングか可能になります。最近ではほとんどのモデルでディスクブレーキが採用されています。入門モデルではワイヤー引きのメカニカルディスクブレーキですが、本格的にトレイルなどを楽しむのであれば高い制動力をえられる油圧ディスクブレーキを選択したいところです。

MTBおすすめフィールド情報

富士見パノラマ

富士見パノラマスキー場MTBのページへジャンプ 画像をクリックするとHPにジャンプします。

毎年GW直前から11月3日の文化の日まで、MTB専用コースがゲレンデ内に登場します。初心者向けから本格ダウンヒルコースまで多彩なコースで楽しめます。

ふじてんリゾート

ふじてんリゾートMTBのページへジャンプ 画像をクリックするとHPにジャンプします。

都心より90分。標高1300メートル、真夏でも涼しく、快適な富士山麓にひろがる、美しいロケーションが魅力でコースもバラエティーに富んだ設定です。

ページの先頭へ戻る

最新ブログ

河津桜とスタッフ大西

輪行 ブログ

2017/02/18

輪行で行く!伊豆縦断聖地巡礼ライド(前編)

2月の穏やかな日に伊豆に輪行サイクリングに出かけました。目指すは河津桜と天城峠、人気自転車漫画の聖地巡礼コースです。

埼玉の秋は、見どころいっぱい。

ロングライド ブログ

2017/02/08

河津桜の見ごろは2月!

2月に咲く河津桜がそろそろ見ごろです。淡いピンク色が、澄み切った冬の青空に広がります。川沿いの桜は3分咲きといったところでした。

OGKのヘルメットも多数展示

2017/02/07

お知らせ

自転車が楽しめる熱い2日間!埼玉サイクルエキスポ

2月25日と26日の二日間、さいたまスーパーアリーナで自転車の祭典・サイクルエキスポが開催されています!自転車の魅力を最大限に味わえる祭典となっています。入場無料になっていますので足を運んでみて下さい♪

2017/01/13

お知らせ

2017年トレックセガフレード 新チームキット発表!

2017年シーズンのトレックセガフレードのレプリカジャージが発表されました。本日より予約開始となります!予約お待ちしております。

埼玉の秋は、見どころいっぱい。

2017/01/13

サイクリング 埼玉・荒川周辺

ひたちなか海浜公園のサイクリングロードを楽しむ

茨城県の国営公園ひたちなか海浜公園内のサイクリングロードを楽しんできました。春は、ネモフィラ。夏は、ひまわり。秋は、コキア。冬も、アイスチューリップ等一年中楽しめる公園。その園内に全長11㎞のサイクリングコースがあり、公園内の色んな景色が楽しめます。

おすすめ2016年セール対象ロードバイク

関連リンク

取り扱いマウンテンバイク一覧へGO!

取り扱いマウンテンバイク一覧へ

バイクプラスさいたま大宮店で扱っているマウンテンバイクの一覧へGO!

  • 別府選手ジャパンカップクリテリウム2連覇おめでとう!プロジェクトワンキャンペーン開催!
  • トレック2016年モデル処分セール開催!!
  • シクロワイアードレコメンドショップへ
  • お客様の声
  • バイクプラスさいたま大宮店の講習会スケジュールはこちらをチェック
  • スポーツ自転車用スタンド(サイクルラック)のある飲食店・カフェ

自転車生活入門

ページの先頭へ戻る