絶対に必要な自転車アイテムをご紹介

スポーツ自転車を安全に快適に楽しむために、ます最初にそろえておきたいアイテムをご紹介!
車道を走る機会がぐっと増えるためヘルメットやライトなど自分を守ってくれる安全にかかわるアイテムは抑えておきたいところ。
またせっかく買った自転車の盗難防止策として鍵も必要。駐輪するためのスタンドがあると便利です。
サイクルライフを楽しくしてくれるパーツ&アクセサリーは山ほどありますが、自転車と一緒にこれだけは揃えるべきアイテムをご紹介します。

※商品の価格や仕様等は予告無く変更になる場合がありますので必ず店舗でご確認ください。

おすすめアイテム

自転車に乗るなら絶対必要なアイテム一覧

カギ

盗難防止にはカギは欠かせません。自宅で自転車を保管するとき、サイクリング中にトイレや食事でお店によるときなどしっかり鍵をかけましょう。
持ち運びに便利な小型の物やフレームに取り付けられるもの、太くて丈夫なものなどさまざまなタイプがあります。
長時間自転車を止めておくときは、太くて長いもの。サイクリングにはコンパクトで持ち運びのしやすい鍵がおすすめです。

ページの先頭へ戻る

フロントライト

前照灯は法律上はもちろん、暗い夜道でもしっかり路面状況を把握するためには絶対にかかせません。
また対向車や歩行者にも存在をしっかりアピールもするためにも必要です。
明るいハイパワーのライトや小型なもの、充電式のものなど様々な種類があります。使い勝手で選びましょう。

ページの先頭へ戻る

リアライト

自転車は車道の左端を走るのがルールですが、暗い夜道であれば車からは見えないことも。
事故を未然に防ぐ為にもテールライトをつけて、遠くからもしっかりと存在を分からせる必要があります。
また、日中でもトンネルがあったりしますし、例え明るくとも後ろから追突されるのを防ぐためにも使用をお勧めします。
フロントライト共に欠かせないマストアイテムです。

ページの先頭へ戻る

空気入れ

タイヤの空気は入れなければ抜けてしまうもの。空気の少ない状態ではパンクしやすくなってしまいます。
ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツバイクを楽しむためにはしっかり空気圧を管理する必要があります。
空気圧がしっかり確認できる空気圧計付きのものが必須です。

ページの先頭へ戻る

ヘルメット

もしもサイクリング中に転倒してしまったらどうなるでしょう。場合によっては頭を地面に強く打ちつけてしまうことも。
しっかり頭を守るためにもヘルメットは着用しましょう。通勤・通学であろうと、サイクリングメインであっても必要です。
クロスバイクなど街乗りに合うカジュアルなものから、ロードバイクに最適な軽くて快適性に優れたハイエンドモデルもあります。

ページの先頭へ戻る

メンテナンス用品

自転車に乗れば乗るほどチェーンオイルが切れたり、汚れがついていきます。
そのまま乗っていると錆びてしまったり、ギアなどの摩耗を早めてしまうので定期的に掃除や注油をするのも大事。
大事な自転車を長く楽しむためにもセルフメンテナンスがおすすめ。
メンテと言っても車体を綺麗にし注油するだけでもまずはOK!必要なアイテムを少しずつそろえましょう。

ページの先頭へ戻る

スタンド・泥除け・その他

外出先で自転車を止めるためにはキックスタンドがあると便利です。室内に置いておくならば自転車が自立するスタンドも用意したいところ。
また雨の日に乗るのであれば泥除けがなければ服が汚れて困ってしまいます。
人によって自転車の使い方はさまざまで、使う環境や用途に合わせて必要になるアイテムがあります。

ページの先頭へ戻る

パンク修理用品

パンクしたらどうしよう…そんな心配もパンク修理グッズを携帯すればひと安心です。パンク修理に必要なアイテムは決して多くありません。
備えあれば憂いなし!基本装備を一式そろえてサイクリングを思いっきり楽しみましょう!
チューブ交換講習会も開催していますので、そちらもご利用ください。

ページの先頭へ戻る

携帯工具

手のひらに収まるくらいコンパクトに収納できる携帯用の工具。
転倒の際にサドルやハンドルが曲がってしまったなどのトラブルから簡単な調整まで用途は多岐に渡ります。
簡単なアクセサリー類の取付であればこれでできます。ジャージのポケットやサドルバッグに入れてておけば安心です。
使用頻度は多くはありませんが、いざという時に安心の基本装備品です。

アルミボディで超軽量な9ツールの折り畳み式工具

TOPEAK ミニ 9 プロ

¥2,030(税込)

トピーク ミニ20 プロ SV

TOPEAK ミニ 20 プロ

¥4,104(税込)

ページの先頭へ戻る

携帯空気入れ

パンク修理グッズと合せて外せない基本装備が携帯用の空気入れ。
フロアポンプと違って空気圧管理をするというよりは、パンク時に空気を入れて走って帰れるようにする為のアイテムです。
携帯空気入れの中には手押しで入れるタイプのものとガスボンベ式のものがあります。

ページの先頭へ戻る

サドルバッグ

パンク修理グッズや携帯工具、空気入れなどサイクリングの際に常に携帯しておきたいアイテムがあります。
しかしバックパックを背負うほどではないし、ジャージのポケットに入れるにはかさ張る。
そんなときに便利なのがサドルバッグです。
パンク修理グッズなどの基本装備をサドルバッグに入れて自転車で運べば、忘れることもなく安心です。

ページの先頭へ戻る